Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 27981 to 28000 of 28316)
(showing articles 27981 to 28000 of 28316)

Channel Description:

現代のあらゆる情報をニュースに。

older | 1 | .... | 1398 | 1399 | (Page 1400) | 1401 | 1402 | .... | 1416 | newer

    0 0

    中国・環球時報は25日、中国がロシア製の最新鋭地対空ミサイルシステムS400の試射を行ったと報じた。

    250キロ離れた地点から極超音速で飛行する目標のミサイルを迎撃することに成功したという。
    中国本土から台北が射程に入ることになり、日本の安全保障にも影響がる。
    タス通信はこれに先立ち、12月上旬に中国内でS400の試射が行われたと軍事外交筋が明らかにしたと伝えていた。

    強い電子的な妨害を敵から受ける状況を想定し、毎秒3キロ(マッハ20の秒速は6.8キロ)で飛行する弾道ミサイルを撃ち落としたとしている(弾道ミサイルが大気圏に再突入するときのスピードがM20程度)。


    0 0

    不動産経済研究所が予測した2019年の首都圏の分譲マンションは次のとおり
    <首都圏>
    1、マンション供給は0.8%増の3.7万戸と横ばい。消費増税の影響は限定的。
    ◆2018年は前年比2.2%増の3.67万戸の見込み。価格は高止まりも2年連続増加。
    ◆2019年は前年比0.8%増の3.7万戸。都区部は横ばい、都下や神奈川県などが増加。
    ◆住宅ローン減税の3年延長などで増税後の落込み回避、大手中心に積極姿勢変わらず。

    2、都区部や近郊エリアの再開発案件が引き続きけん引、郊外も大型が人気。
    ◆都区部は五輪選手村物件など湾岸の大規模開発に注目、都下は駅近再開発に期待。
    ◆都区部は'18年比横ばいの1万6,000戸、湾岸に加えて高輪新駅周辺などにも関心集まる。
    ◆その他では神奈川県が9.0%増の8,500戸、埼玉県も4.7%増の4,500戸と回復へ。

    3、在庫は6,000戸台で安定推移。着工は'18年1~10月で前年同期比▲22.2%減。
    ◆在庫は11月末で前年同月比8.2%増の6,7499戸、11月急増も6,000戸台で安定的に推移。
    ◆着工は'18年1~10月が▲22.2%減の4万3,784戸。埼玉県が39.2%増の一方その他は減少。
    ◆'18年1~11月の平均価格は5,864万円、前年同期(5,884万円)とほぼ同水準で高値続く。

    4、年明けから大型の販売活発化、4月以降も勢い続けばさらに供給上積みも。
    都心を中心に高値安定、超高層人気も継続。郊外の駅近人気も変わらず。
    ◆2018年1~11月のマンション供給社数は112社とさらに減少(前年同期122社)。
    ◆都心の高級物件の人気根強く価格は高値安定、郊外も駅近中心で価格の変動は僅かに。
    ◆商品企画のテーマは省エネ・創エネ設備や子育て支援設備など。
     


    0 0

    不動産経済研究所の調査によると、11月の首都圏の発売戸数は前年同月比2.8%増の3,461戸と3ヶ月連続増となった。契約率は53.9%と低迷している(70%が好不調の境目)。
    ◎ 戸当たり6,017万円、㎡単価89.7万円、ともに2ヶ月連続して上昇している。

    1、11月の発売は3,461戸、前年同月(3,366戸)比2.8%増、前月(2,845戸)比21.7%増。

    2、11月の地域別発売戸数は
    東京都区部:1,388戸(シェア40.1%、前年同月比▲13.4%減)、
    都下:364戸(同10.5%、▲0.3%減)
    神奈川県:918戸(同26.5%、69.4%増)、
    埼玉県:404戸(同11.7%、前年同月と同数)、
    千葉県:387戸(同11.2%、▲14.4%減)。
    東京都のシェアは50.6%。


    0 0

    韓国保守系の朝鮮日報は次のとおり掲載している。

    2013年2月5日、日本の小野寺五典防衛相が緊急記者会見を開いた。「先月30日、東シナ海で、中国の小型フリゲートが3キロメートル離れていた日本の海上自衛隊護衛艦に向けて火器管制レーダー(射撃管制用レーダー)を照射した」という。

    しばらくして、日本の報道機関も中国軍幹部がこれを認めたと報道した。しかし、中国国防省は「日本はレーダー照射問題をねつ造して中国軍のイメージに泥を塗り、国際社会をミスリードしている」と怒りをあらわにした。

    当時は、2012年9月の尖閣問題により、日中関係は、中国において日本企業の工場や商業施設が打ち壊しにあうなど、緊張状態にあった。そうした状況分析もせず、都合のよい記事に仕立て上げる愚かな朝鮮日報。中国の新聞社か。

    今月20日、韓国海軍駆逐艦が東海(日本名:日本海)で北朝鮮の遭難船を救助する際に発生した「日本の自衛隊哨戒機に対するレーダー照射騒動」が1週間近く続いている。韓日の国防担当省庁が繰り広げている攻防は、5年前に発生した中国と日本の間のレーダー照射騒動を思い起こさせる。

    長年ギクシャクしている中・日間に起きた出来事が、友邦国である韓日間で再現されているというわけだ。


    0 0

    旧商号(株)星光堂で元音楽・映像ソフト卸の(株)板橋開発(所在地:東京都豊島区東池袋1-21-11 代表清算人:広瀬大志)は12月27日、東京地裁において特別清算を申請した。

    負債総額は、約57億円。


    0 0

    もはや日本は相手ではない韓国勢の投資額。パナ社だけ生き残るだけか。
    LG化学、サムスンSDI、SKイノベーションの韓国の二次電池メーカーが、電気自動車(EV)用バッテリー投資規模を拡大している。
    急増する電気自動車需要に対応する一方、寡占に転換する市場で主導権を握るための投資となる。これら企業は今年1年数兆ウォン単位の投資計画を出し競争で押されないという意志を表わしている。

    <LGバッテリー/EV市場急拡大による需要拡大に合わせ積極投資>
    26日の業界によるとEV用電池で韓国最大手のLG化学が今年発表したバッテリー投資金額は3兆ウォン(約2947億円)に達する。

    LG化学は10月に中国・南京で電気自動車バッテリー第2工場起工式を開いた。2023年までに20億ドル(約2213億円)をかけて年間32ギガワット時の生産能力を確保する計画。
    一度の充電で320キロメートルを走れる高性能電気自動車50万台分に相当する規模だ。先月28日にはポーランドのバッテリー工場増設のため6513億ウォン(約651億円)を投資した。年間6ギガワット時のポーランド工場の生産能力を15ギガワット時まで増やす方針。

    LG化学は、韓国、米国、中国、ポーランドでバッテリーを生産している。業界ではLG化学が電気自動車バッテリー市場での主導権を固めるために来年にも大規模投資に出るとみている。
    LG化学関係者は「現在34ギガワット時である電気自動車用バッテリー生産能力を2020年末までに110ギガワット時に増やす計画」と説明している。


    0 0

    25日にダウの暴落をうけて急落となった東京株式市場は、前場は300円以上の買い戻しの動きがあったが、後場になって急落、一時、1万9000円を割る場面も。

    26日、取り引き時間中の1万9000円割れとなり注目された27日の東京株式市場での日経平均株価。

    結局、前日のニューヨーク市場の株価上昇を受けて全面高の展開で、3営業日ぶりに2万円台を回復、日経平均株価は一時850円を超えた。

    終値は、前日比で750円56銭高い2万77円62銭で、年の瀬ギリギリで今年一番の値上がり幅となった。

    1日の出来高は15億7642万株。


    0 0

    資産活用不動産会社「TATERU」が設けた調査委員会は27日、社員が、アパート経営を希望する顧客が銀行から融資を受けやすくなるよう書類を改ざんしていた件で、組織的な改ざんが過去3年間に350件行われていたと発表した。

    この問題は、アパート経営の企画や管理を手がける東証1部上場の「TATERU」の社員が、アパート経営を希望する顧客が、銀行から融資を受けやすくなるよう顧客の預金残高などの書類を改ざんし銀行に提出していたもので、弁護士らによる調査委員会が、事実関係などの調査結果を発表した。
    それによると、平成27年12月以降の3年間で改ざんに関わった社員は営業部長などを中心に31人に及び、契約が成立した物件のうち約15%にあたる350件で改ざんが行われていたという。
    不正の背景には、達成困難な販売目標が設けられていたことや、営業成績がよくない場合、人格を否定するような発言があったことなどを挙げている。
    これを受けて、会社は、経営責任をとって古木大咲社長を含むすべての取締役が報酬の減額や一部返納を行うとともに、営業本部長を務める常務取締役が辞任することを明らかにした。


    0 0

    世界一危険な普天間基地の辺野古移設を政治利用する勢力による不実な県民投票、宜野湾市、浦添市、石垣市、宮古市、沖縄市、うるま市、本部町等、良識ある8市町が拒否するという天晴れな快挙に久しぶりに溜飲がさがってる。

    不実な人達から沖縄を取り戻せ、がんばれ沖縄県民!


    0 0

    11月の住宅着工戸数は84,213戸で、前年同月比で0.6%減となった。
    また、季節調整済年率換算値では95.7万戸(前月比0.8%増)となった。
    ・住宅着工の動向については、前年同月比で
    先月の増加から再びの減少となっており、利用関係別にみると、前年同月比で持家、分譲住宅
    は増、貸家は減となった。
    ・引き続き、今後の動向をしっかりと注視していく必要がある。


    0 0

    (株)キャド・デザイン(所在地:福岡市博多区博多駅前*** )は12月11日、福岡地裁において破産手続きの開始決定を受けました。


    0 0

    エムズコーポレーション(株)(所在地:福岡市南区大楠*** )は12月11日、福岡地裁において破産手続きの開始決定を受けました。


    0 0

    (株)アウル(所在地:神戸市長田区駒ケ林町*** )は12月13日、神戸地裁において破産手続きの開始決定を受けました。


    0 0

    (株)九州セラン(所在地:福岡市博多区博多駅南*** )は12月12日、福岡地裁において破産手続きの開始決定を受けました。


    0 0

    (株)柴野工務店(所在地:千葉県南房総市前田*** )は12月18日、千葉地裁館山支部において破産手続きの開始決定を受けました。


    0 0

    旧商号山口金属(株)で利器工匠具製造のABCYZ(株)(所在地:兵庫県小野市樫山町1475-132 登記簿上所在地:兵庫県神戸市中央区港島中町6-1、代表清算人:西川精一弁護士)は12月19日、神戸地裁において特別清算開始命令を受けた。


    0 0

    既報。日新木材工業(有)(所在地:宮崎県日南市北郷町北河内*** )は12月19日、宮崎地裁日南支部へ自己破産を申請、同日に同地裁で破産手続きの開始決定を受けました。

    負債総額は約2億円。

    同社は、昭和33年10月に設立。


    0 0

    織物輸出業の(株)アムホットインターナショナル(所在地:大阪府大阪市天王寺区勝山1-11-33 代表:當麻克哉)は12月11日、大阪地裁において破産手続き開始決定を受けた。

    負債総額は約3億円。

    同社は、平成5年8月に設立した。


    0 0

    モバイル・PC端末関連製品販売のアビー(株)(所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜**:)は12月18日、横浜地裁において破産手続き開始決定を受けた。

    負債総額は約1.4億円。


    0 0

    ベンチャープラコン(株)(所在地:宮城県多賀城市桜木*** )は12月13日、仙台地裁において破産手続きの開始決定を受けました。


older | 1 | .... | 1398 | 1399 | (Page 1400) | 1401 | 1402 | .... | 1416 | newer