Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

現代のあらゆる情報をニュースに。
    0 0

    韓国国会は24日の本会議で、8月14日を慰安婦の記念日に指定する内容を盛り込んだ「日本軍慰安婦被害者生活安定支援法」の改正案を可決した。
    来年から法定記念日となり、政府の公式行事が行われる可能性がある。
    改正案は、元慰安婦の死亡時に遺族へ葬儀費用を支給することなどを規定している。8月14日は、民間組織が2012年に同日を世界慰安婦の日と独自制定していた。
    以上、


    0 0

    米国の国際貿易委員会(ITC)により輸入洗濯機に対してセーフガード(緊急輸入制限措置)を発動することが決定した。米白物家電大手のワールプールが要請したもの。

    サムスン電子とLG電子は、「最悪の事態は免れた」と評価しながらも、今後の販売量に影響を及ぼすことを懸念した。

    ITCは21日(現地時間)、米国に輸入される大型洗濯機のうち、120万台を超える物量については3年間、最大で50%の関税を課す低率関税割当(TRQ)の勧告案を発表した。
    TRQとは、一定量に対しては低い関税を課し、これを超える物量に対しては高い関税を課す輸入制限措置である。
    今回の勧告案には、初年度は50%、2年目は45%、3年目は40%の関税を課す内容が盛り込まれている。
     (ただ、120万台以下についての関税率はトランプ大統領に一任された)


    0 0

    ソフト受託開発のマーシャルネットシステムズ(株)(東京都品川区東品川2-3-12、代表:山下正景)は11月8日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。


    0 0

    マリコンのヤマイチ建設(株)(兵庫県姫路市飾磨区中島804-1、代表:草加一幸)は11月10日、神戸地裁姫路支部において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、荻野正和弁護士(電話0791-63-5775)が選任されている。


    0 0

    土木工事の兵庫新光土木(株)(兵庫県佐用郡佐用町仁位320-1、代表:新田繁樹)は11月14日、神戸地裁龍野支部において、破産手続きの開始決定を受けた。


    0 0

    産業用機械器具賃貸の(株)フォアランナー(石川県能美市辰口町66-1、代表:居村拓宏)は11月15日、金沢地裁小松支部において、破産手続開始の決定を受けた。


    0 0

    金属スクラップの(株)玉岡マテリアル(兵庫県姫路市飾磨区中島相生梅2172-1、代表清算人:小西聖文)は11月9日、神戸地裁姫路支部において、特別清算の開始決定を受けた。


    0 0

    慰安婦問題について日韓は合意したものの、すでに韓国文政権は問題があると公式に表明している。直近、外野席の国連までも慰安婦問題で勧告までなしている。

     その強気の姿勢の戦略、世論醸成=洗脳が国内だけではなく、世界に人権問題と重ね合わせた慰安婦問題として展開させ、成功させていることは認めざるを得ない。

     世界のメジャー新聞各社から、国連史上最悪の事務総長と名指しされた潘基文が、10年間も国連事務総長を努めた結果、国連で縁故採用を強力に推し進め、国連内部が韓国勢に乗っ取られ、国連が反日批判を展開する土台作りから展開に至るまで形成させたことに起因している。

    特に人権問題では、現在韓国の外相を務める康京和が長い間、国連で人権問題を担当しており、慰安婦問題を人権問題化し、国連が日本に対して勧告を出し続けさせている張本人ともいえる。その国連での人脈は、縁故採用もありその後も生き続けている。


    0 0

    JR北海道は24日、子会社「北海道ジェイ・アール・システム開発」の社員と元社員が、水増し発注した商品を転売して、約1億7千万円の利益を不正に得ていたと発表した。
    社員を同日付で懲戒解雇し、2人を道警に告訴する方針。
    不正をしたのは、営業部に所属していたいずれも40代の男性。2010~16年度、パソコンやソフトウエアなど約800点を水増し発注し、買い取り店で換金、着服していた。
    社員は「飲食などに使った」と話しているという。札幌国税局の税務調査で発覚した。
    以上、


    0 0

    消費者庁は24日、「がんが治った」などと嘘の効能をうたい健康食品販売の勧誘をしたとして、連鎖販売取引(マルチ商法)業者の「フォーデイズ」(東京都中央区)に特定商取引法違反(不実告知など)で、6ヶ月の一部業務停止を命じた。
    同社の2016年度の売上高は約430億円で、会員数は約35万人。同法違反による処分では、過去最大の取引規模という。
    同庁によると、同社は1本8600円の瓶入り核酸ドリンク「ナチュラルDNコラーゲン」などを販売。
    高齢者らに対し、効能がないにもかかわらず「がんが治った人もいる」「飲んだら目が治る」などと説明して勧誘していた。
    勧誘者が事前の連絡をせずに民家を訪問したり、会社名も勧誘目的であることも告げずに上がり込み、契約を結んだりしたこともあったという。
    以上、


    0 0

    エジプト東部シナイ半島で24日、武装集団がモスク(イスラム礼拝所)を襲撃し、235人が死亡、109人が負傷したS国営テレビなどが伝えた。

    シナイ半島では過激派組織「イスラム国」(IS)の傘下の武装組織が活動するが、これほどの規模の襲撃事件が起きるのは異例。

    事件があったのは、半島北部アリーシュ近くのモスク。金曜礼拝に訪れた人々を狙ったとみられる。

    一部のメディアは、武装集団が複数の四輪駆動車でモスクに乗り付け、爆弾をさく裂させ、銃撃したと伝えた。

     エジプトでは、主にシナイ半島北部でテロや襲撃が深刻化。半島から離れた首都カイロや北部アレキサンドリアでも、キリスト教会などを標的としたテロが繰り返されている。

    以上、


    0 0

    イタリアの裁判所は23日 、同国サッカーリーグ、セリエAのACミランなどでプレーした元ブラジル代表のストライカー、ロビーニョ(Robinho)被告(33)に対し、集団強姦罪で禁錮9年の有罪判決を言い渡したと伊メディアが報じた。

     事件は、同被告がACミランでプレーしていた2013年1月に起きたもので、被害者は22歳のアルバニア人女性。

    判決は、被告不在で言い渡された。


    0 0

      スカイレイクインベストメントの陳大済会長(元情報通信部長官)は23日、「半導体などを除いたほとんどの産業で中国が韓国に追いついた」と分析した。

      陳会長はこの日、ソウルのロッテホテルで韓国生産性本部の主催で開かれた「最高経営責任者(CEO)ブッククラブ」で講演し、「3年前から中国成長と発展が目立って韓国企業が危機を体験している」と話した。

      陳会長は「中国企業は、巨大な自国市場を土台に新産業部門でも早急に成長している」とし、「韓国は造船、製鉄、自動車など主力で育成している産業群がすでに老朽化した」と指摘した。
    陳会長は、第4次産業革命時代に企業の寿命は次第に短くなるだろうとし、格別の措置が必要だと警告した。

    陳会長は「(IoTやAIなどを活用する」第4次産業革命に関して、技術の実用化の時期を見ると、韓国が先導国家に比べて、ほぼ3~5年ほど遅れている」とし、「これについていくための対策が必要だ」と話した。

    陳会長は「技術発展の速度から見ると、2030年には人間の頭脳水準の機器を1000ドル(約11万円)で財布に入れて持ち歩くことになるだろう」としながら「2045年には技術発展で、今は考えもしない変化が急激に起きる時代がやってくるだろう」と見通した。
    以上、韓国紙参照


    0 0

    国交省四国地方整備局が処分方法を指示しなかったとすれば一番悪い、その次に海外へ流出させてはならないものかどうか判別が効く三菱電機が悪い、自ら最終処分を見届けるべきだ(要トレサビリティ)。後は入手先から特別の処分方法の指示がない限り責任は問えない。中国学生は金目当てにココム違反だとわかって輸出したら重罪だろうが・・・。

    警視庁公安部は24日、国交省が廃棄した防災ヘリ搭載の赤外線カメラをインターネットのオークションで落札し、中国の会社に不正に転売したとして、外為法違反(無許可輸出)容疑で、中国人留学生の男(22)=東京都足立区=を書類送検した。

     当カメラは、米国製で米軍の偵察機にも使用されるなど軍事転用が可能なため、輸出が規制されている。
    男は容疑を認め、「生活費を稼ぐためだった」と供述しているという。

     送検容疑は昨年5月28日、航空機搭載用の赤外線カメラ1台(直径約38センチ、高さ約45センチ、重さ約44キロ)を経済産業相の許可を受けずに成田空港から中国・香港に輸出した疑い。


    0 0

    中国政府財政相は24日、中国人観光客が海外で大量に購入するいわゆる「爆買い」の対象となっている乳幼児用の紙おむつや粉ミルクなどの187商品について、12月から大幅に関税を引き下げると発表し、国内の消費を呼び戻す狙いがあるものと見られる。

    この中には、中国人観光客が日本を訪れた際に大量に購入するいわゆる爆買いの対象となっている乳幼児用の紙おむつや粉ミルクのほか、歯磨き粉や温水洗浄便座などの品目が含まれ、このうち紙おむつなどは関税を撤廃するとしている。

    中国ではこれまで、海外の旅行先で購入した商品を国内に持ち込む際の課税を引き上げる一方で、輸入品の関税を段階的に引き下げる措置が取られ、海外での購入を抑え中国国内の消費を呼び戻す狙いがあると見られている。

    今回の関税の引き下げについて中国財政省は「国民のニーズを満たし消費の選択肢を増やすためだ」と説明しているが、今後日本を訪れる中国人観光客の消費行動に影響が出ることも予想される。

    以上、